3Dプリント-光造形成形

光造形法(SLA)とは?

光造形法(SLA)とは付加製造です。紫外線レーザー或いは他の光源に反応して硬化する樹脂が使用されている、露光による硬化を断面の積層のように積み上げていき、最終的に立体を形作ります。今この技術は無数の業界の変革を推進しています、そして今まで想像できなかった個性化カスタマイズ制作と利便性を提供します。伝統工芸には出来ない複雑なプロトタイピングが、光造形法なら3次元データから直接に形成できます。付加製造の特徴で、原料無駄な費やしを減少しますから制作コストが低いほかに迅速成形できます。そして出来た高精度マスターモデルは科学技術日進月歩の勢いで進化を続け、ものづくりに革命を起こす現代工業要求を満たします。

SLA3Dプリント各分野における応用

SLA3Dプリントは一番早く発展してきた快速成形技術であり、しかも現在の研究が最も深く、技術が最も成熟し、応用が最も広い快速成形技術の一つです。高精度構造複雑なプロトタイピング制作に最適です。快速成形、後処理し易いメリットでロット量産にも相応しい、生産周期を大幅に短縮、金型費用は節約コスト削減、新設計の製品を急速に市場に出す事ができます。

SLA3Dプリントのプロセス

CADで設計されたデジタルデータに基づき、まず構造安定のためにサポート柱立ち、レーザービームを液体樹脂の表面に照射して一層ずつ硬化させて物体に仕上げる製法です。紫外線レーザーが液体樹脂のプールを照らすと重合作用により表面が固くなり、下の層が固まったらその上に次の層を積み上げ、最後の層まで繰り返して立体化していきます。プリント終了後サポート材をアルミで清潔することができます。3Dプリント基地はABS、透明材料、PPライク、耐熱材料等様々な材料を提供します。そして弊社も各ユーザーのニーズを満たすために新材料の研究開発に努力し続けます。