コンテンツや広告をパーソナライズしたり、ソーシャルメディア機能を提供したり、トラフィックを分析したりするためにCookieを使用します。また、お客様のサイトの使用に関する情報をソーシャルメディア、広告、分析パートナーと共有します。 プライバシーポリシー
+86 186 5925 8188
info@3dprotofab.com
EN
3Dプリントサービス


3Dプリント個性化カスタマイズサービス- オンデマンド製造

時代発展と共に、ユーザーの製品に関する必要も変わりました。いつも簡単な同様な製品に満足するのと違って個性化物が欲しいようになってきました。それで、20年以上オンデマンド製造と模型制作経験を持つダッチグループとVistarは皆様の完璧なパートナーです。弊社は豊富な材料と工芸選択肢を提供するほかに、相応しい製品の作りを叶えるよう最善を尽くします。 Vistarの3Dプリンターのご利用で、気楽にカスタマイズ制作体験ができます。


NC加工

NC加工

NC加工とは?

NC(Computer Numerical Control)加工は切削加工であり、各種の精密工具を使って原材料を削って製品を生産することです。私達のエンジニアと技術者はソフトウェアを通じて加工機械を制御して、表面の効果と公差を最適化しなからサイズの要求を満たす製品を正確に作ります。

NC加工各分野における応用

NC加工は3 Dプリントより金属材料の加工に適しています。もちろん、現在金属3 Dプリンターもありますが、伝統的な切削加工の主な加工手段として、NC加工は多くの固有の利点を保持しています。NC加工でよく使われる他の材料は木材、発泡スチロール、ワックスなどであり、材料ごとに必要な刃物が異なる可能性があります。NC工機械の設定は3 Dプリンタ-より複雑で手間も掛かります。でも、一旦設定完成後は切削加工速度は現在の3 Dプリント付加製造よりもずっと速いです。そして NC加工は通常3 Dプリントよりも正確で、公差は最低で0.001ミリまでにたっします。NC加工の欠点は主に刃物の接触面の問題で、高度複雑な設計ができないかもしれません。ですから、 NC加工は精度要求が高く、伝統的な材料(だとえば金属や木材など)を使う簡単な設計に最適です。

NC加工のプロセス

NC加工の過程は3 Dプリントに似ています。3 Dプリントと同じように、詳しいCAD図面が必要です。技術者が分析して専門ソフトを導入します。弊社はNCを使って加工するような要求を受ける時、CADファイルを.nc形式に変更してMastercamに導入しましす。プログラミング段階では、技術者は、採用する材料及び形状による任意の特定の挑戦に基づいて、使う刃物タイプを決定します。プログラムが終わり、設備を用意できた上に加工は短い時間でできます。弊社Vistarはフライスと旋盤両方提供します。通常オブジェクトはフライスを使用する一方、円柱オブジェクトなら旋盤を使います。NC加工終了後、専門な後処理を行います。

3Dプリント-光造形成形

3Dプリント-光造形成形

光造形法(SLA)とは?

光造形法(SLA)とは付加製造です。紫外線レーザー或いは他の光源に反応して硬化する樹脂が使用されている、露光による硬化を断面の積層のように積み上げていき、最終的に立体を形作ります。今この技術は無数の業界の変革を推進しています、そして今まで想像できなかった個性化カスタマイズ制作と利便性を提供します。伝統工芸には出来ない複雑なプロトタイピングが、光造形法なら3次元データから直接に形成できます。付加製造の特徴で、原料無駄な費やしを減少しますから制作コストが低いほかに迅速成形できます。そして出来た高精度マスターモデルは科学技術日進月歩の勢いで進化を続け、ものづくりに革命を起こす現代工業要求を満たします。

SLA3Dプリント各分野における応用

SLA3Dプリントは一番早く発展してきた快速成形技術であり、しかも現在の研究が最も深く、技術が最も成熟し、応用が最も広い快速成形技術の一つです。高精度構造複雑なプロトタイピング制作に最適です。快速成形、後処理し易いメリットでロット量産にも相応しい、生産周期を大幅に短縮、金型費用は節約コスト削減、新設計の製品を急速に市場に出す事ができます。

SLA3Dプリントのプロセス

CADで設計されたデジタルデータに基づき、まず構造安定のためにサポート柱立ち、レーザービームを液体樹脂の表面に照射して一層ずつ硬化させて物体に仕上げる製法です。紫外線レーザーが液体樹脂のプールを照らすと重合作用により表面が固くなり、下の層が固まったらその上に次の層を積み上げ、最後の層まで繰り返して立体化していきます。プリント終了後サポート材をアルミで清潔することができます。3Dプリント基地はABS、透明材料、PPライク、耐熱材料等様々な材料を提供します。そして弊社も各ユーザーのニーズを満たすために新材料の研究開発に努力し続けます。

小ロット生産

小ロット生産

小ロット生産とは?

現代製造技術発展と共に、生産の融通性とカスタマイズ性がますます求められています、小ロット生産も近年はるかに普及しています。用語として具体的に定義するのは難しいですが、 簡単に言えば小ロット生産はロット量産と逆に、それぞれ異なる技術を利用して何百から何千まで数少ない製品を制作することです。私達は製品の研究開発から量産まで便利なワンストップサービスを提供することを重視しながら、お客様の新製品は最も早めに市場に出す事を応じます。

小ロット生産のメリット

まず、量産に比べるてコスト面でのメリットがあります、十万セットを超えてもまた小ロット生産を利用する特別材料の場合でもあります、もちろん一回何百から何千までの製品を生産するには、小ロット生産のコスト面でのメリットが明らかであります。
その次に、小ロットの生産はとても柔軟で、いつでも消費者と市場の反応によって製品に対して調整と変更を行うことができます。量産されると、このような調整と変更を実現するのは難しいです。しかも小ロット生産の場合には製品キズができたら、すぐに調整できます。
第三に、小ロット生産はお客様の製品をより早く市場に投入する時効性の優位性をたらします。それは業界にとって非常に重要です。 最後に小ロット生産は最低のコストで製品量産可能性を検証し、量産際問題発生のリスクも避けられます。以上様々なメリットで小ロット生産のは原型部品と量産の架け橋となり、多くの業界製品に適用されます。ご要望がごさいましたら、私達にお問い合わせください。

プラスチック射出成形

プラスチック射出成形

プラスチック射出成形とは?

プラスチック射出成形は現在最も速い量産技術の一つです。液体プラスチックは圧縮されて金型に射し込み、そこで迅速冷却固化されて出します。一つの金型で何万個も製品を作ることができ、僅か数秒しかかかりません。数千種類の異なるプラスチック材料を選択でき、さまざまな研磨とテクスチャ効果を応用でき、カスタマイズと柔軟性を実現することができます。

プラスチック射出成形各分野における応用

プラスチック射出成形はコスト優勢のためロット量産に最適です。小ロット生産なら、3 DプリントやCNCはより良い選択かもしれません。真空注型と違って、射出成形の金型は十万回以上繰り返して使用できますから、通常は一つの金型だけで充分です。同じ製品に対して多くの異なった材料が選択出来ることはプラスチック射出成形がよく選ばれるもう一つの理由です。プラスチック射出成形が適用分野は量産前の試産(主にテストを目的とする)、小ロット生産とオンデマンド生産です。

プラスチック射出成形のプロセス

まず、アルミニウム合金や焼なまし鋼材料などNC加工で金型を制作するのは必要になります。それから粒状の射出成形材料を熱融で液体に変えて、圧縮されて金型に射し込み、そして迅速冷却固化されて出します。このプロセスを繰り返してロット量産できます。部品の生産時間はサイズと使用する材料によって決まります。小さくて簡単な物から大きくて複雑な物まで生産時間は大体何秒から二分までです。プラスチック射出成形の高度自動化で人件費を低減することもこの技術の大きな強みの一つです。

真空注型

真空注型

真空注型とは?

真空注型は光造形品(例えばVistarSLA 3Dプリントで作る)や切削加工品をマスターモデルに、シリコンゴムで反転型を製作し、ウレタンまたはエポキシ材料で複製品を製作する工法です。

真空注型各分野における応用

真空注型は小ロット生産に最適なソリューションです。シリコーン型自体の制作コストは安く、復元度が高いので、後処理手間がかかりません。シリコーン型は少なくとも50回まで成形制作が可能です。小ロットの製作にとって、これらの長所は伝統的な射出成形プロセスを超えています。但し、ロット量産には適していません。

真空注型のプロセス

まずマスターモデルを作ること。通常はお客様から提供し、もちろんVistarSLA 3Dプリンター利用して光造形品も作れます。マスターモデルは金属或いはプラスチックでも作れます。但し、材料は耐熱温度40℃以上要求されています。出来たマスターモデルを注ぐ箱に置いて、シリコンゴムを注入して、シリコンゴムを完全に硬化させるまでにオーブンで加熱します。最後にプロトタイピングゴムをシリコンゴム型の中から取り出したらいいです。シリコンゴム型製作の過程で、空気が溢れて、圧力が大きすぎるのを防ぐために、細かい穴を設計する必要があります。
シリコンゴム型を完成してから、内部に形成された空洞はマスターモデルと同じであるべきです。シリコンゴム型中の空気は液体の鋳造材料を注ぎ込んだ後、複合部品の不完全な状況が発生することがあります。そのため、シリコンゴム型を真空室に入れて空気を抽出し、材料を内部のあらゆる位置を埋めて、完璧なレプリカを作ることを確保する必要があります。材料がシリコンゴム型を埋め次第、新しい製品が完全に固まるまで、固化炉に入れます。シリコンゴム型は繰り返して50個ぐらいのレプリカを作ることができます。また、レプリカの品質がシリコンゴム型の使用によって下がることはありません。

後処理

後処理

後処理とは?

後処理というのは 読んで字のごとく、生産最後の段階です。製品を各加工方法で生産完了後、弊社Vistarはお客様にペンキ、磨く、陽極酸化、燻蒸、メッキなど完全な後処理を提供します。私達の後処理チームは製品の特性を分析しまたお客様の具体的な要求によって、お客様の望む外観に達するために相応しい技術を採用します。

Vistarの後処理サビース

ペンキでの塗装–ペンキは簡単に製品に塗装することではなく、どんな些細な欠点でも全体の品質に影響を及ぼす可能性がありますから、全体均一に塗装を確保することは最終的な効果に重要です。Vistarは一流の温控塗装室を持っています。同時に、つや漆、手触り漆、磨りテクスチャなどを含む表面効果を提供しますので、お客様はご自由に選べます。

色を調える–Vistarは出来た最終製品と設計色一致と言うユーザーの意図をに非常に重視しています。塗装室の光照射条件は国際標準を参考にして、より正確に色を識別し合わせます。私たちはサンプルとPantoneカラの色を合わせでお客様のニーズに応えます。

磨く–鏡面仕上げから製品要求に対して太さの異なる紙やすり(500-1500)を用いたカスタム表面処理を提供します。塗装前のサンディングは非常に重要です。それは製品の表面が滑らかで全体均一に色を塗る効果を保障する条件です。

燻蒸–Vistarはこのような専門的なスペシャル後処理でPCプラスチックを可視透明効果を実現します。同時に製品の鏡面仕上げの瑕疵を修復することも出来ます。PCプラスチックの表面が1500の紙やすり磨いた後に、ガスでオブジェクトの表面傷ある分子構造を溶かして再構成してから艶やかで透明である効果を実現します。

サンドブラスト-サンドブラストは簡単で効率的な後処理方式であり、様々な表面テクスチャを選択できます。ある特定の効果を達成するために、製造したオブジェクトや製品に対し、砂利、高圧水または他の任意の材料を媒体としてサンドブラスト加工ができます。

パッド印刷 -パッド印刷は任意の平面と円弧形のオブジェクトの表面に適用されます、この加工では材料(通常はインクまたは染料)をNCで加工した特製アルミテンプレートとシリコンパッドを介して製品に「転移」させることができます。パッドを表面に立て替えると、指定された図形やLogoが印刷されます。弊社は応用がより広いシルク印刷を含む他の印刷技術も提供します。