少量生産

少量生産とは

現代の製造技術およびビジネスにおける生産の柔軟性をますます求めている継続的な開発により、少量生産は近年はるかに普及している。用語として具体的に定義するのは難しいですが、少量生産ではフルスケール生産よりもはるかに少ない数で、より柔軟な手法を使用していると言えます。 ProtoFabでは、このタイプの製造を専門としており、プロセスをできるだけ単純かつ効果的にすることができます。

少量生産のメリット

企業が少量生産を選択した理由は少なくとも3つあります。まず第一に、少量生産を使用すると、本格的な生産に関連する多くのコストを削減できます。使用する材料によっては、最大10万台まででも、少量生産を使用する方が経済的です。たとえば数千という少量の場合、費用対効果は非常に大きくなります。
第二に、少量生産は本質的により柔軟です。調整は簡単に行うことができ、調整は消費者のフィードバックに基づいて事後的に行うことができます。量産では、この種の調整は通常問題にならず、マイナーな欠陥は実行全体に焼き付きます。少量生産もはるかに早く、市場投入までの時間が非常に早くなります。これは一部の業界では重要です。
最後に、少量生産は本格的生産への架け橋として使用することができます。コストを抑え、柔軟性を維持するために最初の実行を少量で行うことができます。製品が成功し、問題が解決したら、生産を本格的に切り替えることができます。全体的に見れば、少量生産には多くの利点があり、幅広い産業や製品の種類について検討する価値があります。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。