コンテンツや広告をパーソナライズしたり、ソーシャルメディア機能を提供したり、トラフィックを分析したりするためにCookieを使用します。また、お客様のサイトの使用に関する情報をソーシャルメディア、広告、分析パートナーと共有します。 プライバシーポリシー
+86 186 5925 8188
info@3dprotofab.com
EN
ケーススタディ

Vistar3Dプリントカーバンパー

品名:カーバンパー(長さ約1.6M)
工法:SLA高速成形、真空注型
用途:外観設計、構造検証、真空注型マスターモデル
メ—カ—:Vistar3Dプリント Vistar(厦門)実業有限会社
プリンタースペック: SLA1600

SLA 1600は光硬化3 Dプリント市場の大幅な面の需要に対してVistarが丹念に開発した、全く新しい大型サイズの3 Dプリンターです。最大出力サイズは1600×750×550mmに達しますので、プロトタイピング、自動車造形設計など高速成形分野の切実なニーズに応えることができます。自動車のグリルやバンパー、ダッシュボードなど大型サイズのプロトタイプが一体成形することを実現でき、接着結合による製品誤差と無駄な人力コストも避けられます。同時に、Vistar光硬化3 Dプリンターの高速成形能力はVistarの生産効率を10倍以上に向上させました。

制作プロセス


1.カーバンパー設計ファイルを開き、STLフォーマットデータを導出。


カーバンパーの3次元モデリング図面

2.ファイルをMagicsソフトに導入してスライス処理


ソフトでサポートを建てる
3.処理された3次元ファイルをVistar SLA光硬化3 DプリンターSLA 1600に導入し、3 Dプリント成形固化を行います。人工的に監視する必要がなく、しかも同時に多くの構造を設計することができ、大量にプリントして、一度にテストして最適な方案が得られるため、繰り返しテストする時間を減らすことができます。Vistar の3 Dプリンターを使えば、1-2日で製品のテストデータと最終案が得られます。







プリント開始
4.プリントされたバンパー模型の洗浄、磨きなどの後処理



製品の表面はより微細で滑らかです

5.後処理された模型の表面はより滑らかで,構造検証やマスターモデルに用いることができます。

SLA1600設備の優位性
SLA1600の最大出力サイズは1600×750×550mmに達します、ハイエンドの光電素子を備えています。自主研究開発した高効率で安定した制御ソフトSiriusと世界初のDLC可変レーザ出力プリント技術で、三つのレーザースキャナーと3枚の検流計スキャンミラー付き(複数の検流計スキャンミラーをオプションで配置できる)、そして、自主研究開発した可変スポットレーザービーム技術に合わせて、プリント効率と精度を大幅に向上させ、一体成形は10時間しかかかりません。


結語:
Vistarが開発した超大型3 Dプリンターは、自動車、宇宙航空などの業界に信頼できる、より低コストな3 Dプリントソリューションを提供します。小ロット製品サンプルは試作段階の重要な一環で、サンプルの品質は工業用サンプルの設計とショーカー試験を改善するすることに対して特に重要です。そのため、製作周期が短く、サイズ精度が高いという特徴を満たす必要があります。Vistar は3 Dプリントと真空成形(真空注型と低圧灌流)のプロセスを結合し、高速金型の製造方法を形成し、有効に開発費用を節約し、開発周期を短縮しました。

3 Dプリント自動車部品鑑賞

フロントバンパー

(SLA/真空注型)
カーグリル

(SLA /真空注型)
ヘッドランプアセンブリ

(SLA/アルミメッキ)
ボンネット


(SLA /真空注型)
外観設計模型

(SLA/ペンキで塗装)
自動車立柱

(SLA /ペンキで塗装)
エアコン

(SLA/SLS/真空注型/ペンキで塗装)
ロッカー


(SLA/表面フロッキー)
タンクの蓋

(SLA /ペンキで塗装)