コンテンツや広告をパーソナライズしたり、ソーシャルメディア機能を提供したり、トラフィックを分析したりするためにCookieを使用します。また、お客様のサイトの使用に関する情報をソーシャルメディア、広告、分析パートナーと共有します。 プライバシーポリシー
+86 186 5925 8188
info@3dprotofab.com
EN
ケーススタディ

3Dプリント12干支獣首は真に迫ってる

品名:12干支獣首
工法:SLA高速成形+磨いて色を塗る
用途:展示、観賞
メ—カ—: Vistar(厦門)実業有限会社

お勧め設備スペック:SLA600

制作プロセス

1. 3次元モデリングソフトにより,12獣首の3次元モデルを作成し,stl形式データを導出します。

3D modeling diagram

3次元モデリング図面

2.ファイルをMagicsソフトに導入してスライス処理
3d printing products
ソフト通じてサポート材を立てる

3.処理した3次元ファイルをvistarSLA光造形3 Dプリンターに導入し、3 Dプリント成形固化を行います。
 SLA 3D printer for 3D printing and curing

 SLA 3D printer for 3D printing and curing
 SLA 3D printer for 3D printing and curing
 SLA 3D printer for 3D printing and curing
プリントします
4. プリントした12獣首模型に洗浄・磨きなどの後処理を行います
3d product Sanding and Painting
磨きとペンキで塗装
5.プリントした12獣首模型が磨いてペンキを塗った後の最終効果は下記の通りです
ペンキで塗装した12干支獣首完成品です。合わせて12匹のシングル写真+1枚の全体写真があります、画像はフォルダ内から自由で選べます。