コンテンツや広告をパーソナライズしたり、ソーシャルメディア機能を提供したり、トラフィックを分析したりするためにCookieを使用します。また、お客様のサイトの使用に関する情報をソーシャルメディア、広告、分析パートナーと共有します。 プライバシーポリシー
+86 186 5925 8188
info@3dprotofab.com
EN
ケーススタディ

SLA 3Dプリント靴

3d technology in footwear
ProtoFab SLA450Protofab SLA450が心を込めてプリントした新しい外底デザイン。

3 Dプリントは歯科や航空宇宙などの業界を徹底的に変えていることはよく知られていますが、でも誰もが望むところではなく、大きな影響を与えています。この面の一例は3 Dプリントが靴業界に与える影響であり、これもProtoFabが現在注目している業界である。中国最大の靴類ブランドはSLA 3 Dプリントをどうやって設計過程の核心として利用しましょうか。

Qiaodan Sports
ジョーダンは中国最大のスニーカーブランドの一つです。

ジョーダンは中国で一番人気のあるスニーカーブランドの一つで、年間売上は40億元を超えています。2016年から彼らと協力して、SLA 450設備を提供しました。すべての靴のブランドのように、ジョーダンは絶えず新製品とデザインを開発して、競争の激しい市場の中で新鮮さを保つ必要があります。トレンドが行き来する業界では、登場販売時間が重要であるため、設計過程をできるだけ効率的にすることを優先的に考えています。これが3 Dプリントの使い道です。

Jordan Chairman
弊社の販売副社長Damon Khoshaboとジョーダンのチーフデザインマネージャー一緒に撮った写真です

伝統的な方法:高速成形プロトタイピングではなく

伝統的には、ジョーダンとそのライバルは新製品のプロトタイプ設計段階においてアウトソーシングCNCエポキシ樹脂模型を使用していました。製靴業界では、生産を継続するかどうかを決める前に、外底の物理模型(靴のゴム底)を生産しなければなりません。古いエポキシ樹脂模型は十分に詳細ですが,いくつかの欠点があります。まず、このような模型の生産時間が長いです、通常2週間を超え、物理模型を設計してから請負業者に送信して評価します。この期間は、約1週間は実際の加工に使われていたが、請負業者の能力、通信の問題、宅配便の遅延、外注に関連したいくつかの変則的な制約から、実際の引渡し時間はもっと長くなることが多いです。ジョーダンの技術者は、彼らが過去15日でこの過程を完了した、8日間がベストな状況だと報告して。これに対して彼らの3 Dプリンターは現在約20時間で同じ模型を生成することができます(3 Dモデリングや後処理を含む)、最大でも2~3日かかります。ジョーダンはよくSLA 450に6つのタイプを1度にプリントして、さらにこの生産過程を加速しました。

Details of the 3D printed outsole prototype
この外底3 Dプロトタイプは8時間以内に完成しました。

機敏である

このような節約時間はジョーダンのようなメーカーにとって非常に重要です。プロトタイプデザインを見るには数週間待たなければならないのは大変だが、修正が必要になるとさらに時間が無駄になってしまいます。最適な場合であっても、修正されたデザインは設計チームの手元に収まるまでに1週間以上もかかります。この負の影響は二重です。まず、製品開発は以前の予測よりも遅延しやすいかもしれません、何度も修正が必要であれば、いか月掛けてもわずかな進展しかありません。こうすると新製品が肝心な日を失う可能性があります、例えば夏の靴は登場販売時間に遅れるとか。次に、その結果を修正する必要がある時、もっと大胆なデザインを採用することリスクが高くなります。これはデザイナーが保守的なデザインに向かう影響があります、特に時間制限がある場合。模型が高速に成形できるようになりましたら、デザイナーがもっと試すの意識が強く、ブランド全体の創造力に積極的な影響を与えられます。

Designer is working on 3D model of the sneaker

このデザイナーはスニーカーの3 D模型を研究しています

SLAプリントは設計過程において非常に著しい利点を持っています。構造設計がどんなに複雑であっても、曲線と中空構造及び設計の性質に関わらず、ソフトウェアは直接モデリングを完成し、モデリングファイルを3D装置にアップロードして、高速プロトタイプの設計を行うことができます。

すべての過程を社内で保つことです

A glance of QIAODAN's design team

外底プロトタイプ

ジョーダン 3 Dプリントのもう一つの重要な利点は、それらが設計過程全体を社内に残しておくことができることです。NCの設備は体積が大きくて、価格が高くて、専門的な作業員が必要です。ですからこれだけの大規模な投資をして少量のプロトタイプを生産するのは意味がありません。これに対して唯一の選択はこの仕事をプロトタイプ専門商社にアウトソーシングすることです。そうすると多くの問題を引き起こします。まず、模型をジョーダンに郵送しなければなりません。これはもう遅い過程をもっと遅くなるべき。 それから工業機密問題や未発表の設計が競合他社や公衆に洩らす可能性もあります。全体の過程を社内で保つということは、ジョーダンが品質を絶対的に控えるということです。外部サプライヤーはいつも期待に背かないのではなく、コミュニケーションの問題を避けるのは難しいです。工場に3 Dプリンターを設置することによって、模型の設計人と生産人は同じで、流れを簡略化し、ミスを起こす可能を減らすことができます。

QIAODAN's in-house ProtoFab SLA450 3D Printer with UV furnace
ジョーダンのProtofab SLA450 3Dプリンター

SLAとNC加工の比べ

Contrast of CNC prototype and 3D printed prototype
NC試作品(左)、3Dプリント試作品(中)、実際の靴の外底(右)

品質と正確さにおいて、この2つの方法の違いがないとジョーダン技術者が報告してきました。SLAプリント模型の外観は従来のエポキシ樹脂模型と非常に似ています、デイテールレベルも似ています。NC加工はより広い材料を理論的に許容していますが、これは外底プロトタイプとは無関係である。SLAで使用する光硬化樹脂は、設計チームが必要とする全ての特性を備えています。

Details of the 3D printed outsole prototype
3Dプリントしたプロトタイプのデイテール

長期投資

同様の場合、他社唯一を遅らせる可能性があるのは工業SLAプリンター購入の最初の支出です。SLAプリンター購入のは大きな費用ですが、長い目で見れば、それがジョーダンにとっては価値があることは間違いないです。まず,外部NC加工に比べて,3 Dプリントの部品ごとのコストが著しく減少しました。SLA樹脂は安くないですが、アウトソーシングに支払う必要がなく、大量の費用を節約できます。ジョーダンにとって、プリント内部の部品1つあたりの価格は40%程度安いです。主な節約は効率です。商売には時間がお金で、製品の設計段階で不必要に何週間も無駄にして、下線に深刻な影響を与えます。 多くのメーカーにとって、登場発売時間は非常に重要ですが、ファッションやトレンドに影響された業界では、新製品を創造したり破壊したりすることができます。ジョーダンで製品開発する人たちにとって、古い仕事やり方に戻るとは考えられないことです。

Design turnaround is much quicker now thanks to SLA 3D printing
SLA 3 Dプリントにより、設計サイクルが速くなります。

ジョーダンのSLAプロトタイプデザインで

プロトタイプ生産は8~15日からわずか2~3日に短縮しました。
製品開発はもっと柔軟に。。
製品の登場発売時間を大幅に短縮しました
より良い品質管理。
知的財産権は社内に保管しています。
部品当たりのコストを削減しました。
開発サイクルの長さがはるかに予測可能です。
より多くの実験が可能です。
NC加工と比べて品質の低下はありません。

弊社の3 Dプリントとプロトタイプ制作サービスに興味があれば、ぜひお気軽にお問い合わせください。