コンテンツや広告をパーソナライズしたり、ソーシャルメディア機能を提供したり、トラフィックを分析したりするためにCookieを使用します。また、お客様のサイトの使用に関する情報をソーシャルメディア、広告、分析パートナーと共有します。 プライバシーポリシー
+86 186 5925 8188
info@3dprotofab.com
EN
ケーススタディ

3Dプリント高速成形-「雪影」ドローン付きスキーヘルメット





模型名:「雪影」ドローン付きスキーヘルメット
制作材料: Protofab光硬化樹脂
制作工法:SLA 3Dプリント
納期:3日間
ユーザーのニーズ:ラインが際立つ、色が均一である、色が鮮明である、外観がおしゃれでかっこいい

プロジェクトの背景

2017年海峡工業設計大賞大会組織委員会の委託に応じて、大会執行機関であるダッチグループは今回の参加者に専門的な技術サポートを提供します、設計作品は図面から模型までの生産・制作を実現することによって、参加作品がよりよく展示されます。お客様から設計図面と後処理要求を送ってもらいました。ラインがすっきり、後処理はできるだけ完璧に、ヘルメット全体の効果を最善にさせると要求をされました。 (右図)

設計理念

「雪影」はスキーのパートナーとして、スキー愛好家のヘルパーです。スキーは魅力満点の極限運動として、一定の危険性を備えていますので、安全保障が必要になります。 「雪影」は使用者にGPS追跡測位サービスを提供し、使用者が転倒して怪我をしたり、戸外を見失ったりすると、救急車、安全センターに第一時間に知らせます。それだけではなく、「雪影」は高速のスポーツカメラを持っています。スキー中の素晴らしい瞬間を記録するのにも役立ちます。「雪影」の最大のハイライトは、ドローンの離着陸とスキーヘルメットとの組み合わせで、未使用の場合、ドローンがスキーヘルメットに収納され、携帯に便利です。

プロジェクト解析

お客様からの設計図面と製作要求を受けてから、弊社専門のアナリストは伝統的なNC加工モードと3 Dプリント技術を総合的に評価した後、思い切って後者を選びました。NC伝統加工は必ず図面を分解して、プログラミング、NC、手作業で組み立てる継ぎ接ぎなどの繁雑な過程を経て、人件費、時間、予算などのコストが非常に高いです。一方、3 Dプリント技術は加工周期短く、精度が高いという利点があり、ヘルメットのような重量を負担する必要がなく、外観効果を検証するだけの試作模型にとって、3 Dプリントが最適です。3 Dプリントはお客様に材料のコストを下げることができますし、納期を短縮することもできます。評価後、SLA光造形工法を採用して実現することにしました。高速一体成形ができ、後処理もし易いです。



加工チャレンジ

磨き、ペンキで塗装の後処理はとても肝心で、最終的に模型の全体効果に影響します。このヘルメットはリニア明朗立体、明暗のラインが縦横に交差と設計されています。配色はスクラブブラック、光沢面ブラック、光沢面オレンジ、金属深灰四色から構成されて複雑です。これは私達のオペレーターの専門的な後処理技術に対して非常に要求されています。磨く時にはこの模型の線感がはっきりしていて、色が明らかであることに注意しなければなりません。

解決策

この模型は直接一体成型できますから、弊社の3 Dプリントエンジニアは3 Dプリントスライスソフトの中でサポートを立つだけでいいです。適切なサポート材は、プリントの安定性を高めることができ、崩れることも避けられます。また、製品の精度にも役立ちます。サポートが立った次第プリント開始することができます。そうすると、製作期間が大幅に短縮されます。


専門的な後処理こそ今回のプロジェクトの重要中の一番です

3 Dプリントが完成後模型を丁寧にプラットフォームから外して、液体樹脂の残留を防ぐためにアルコールで洗浄します。それから、サポート材を除去することです。私たちが注意深くに後処理した後、すべてのサポート材が完全に除去しました。 以下はサポート材を除去した模型写真です。




プリントされた模型の表面部分の紋様はまだ見えるほど粗いですから、表面が平滑になるまで、太さ400から1500までの紙やすりで研磨しました。このヘルメットはリニア明朗立体、明暗のラインが縦横に交差と設計されていますから、磨きの過程で、線や形が崩れないように十分注意しなければなりません。私達は細部に対して厳しく完璧を求めるため、磨き塗装工程は繁雑で、交互に行わなければなりません。模型全体の外観をより完璧に見せる下地の色をより均一にするために、磨き塗装を三回も交互に行いました。




ペンキで色を塗る

お客様の後処理要求によって、ヘルメットに相応色のペンキで塗装します。このプロセスは模型の最終的な全体効果を決定するから、後処理の重要な段階です。漆の色の衝突や色のムラを防止するために、私達の塗装担当者は熟練した技術を備えていなければなりません。 以下は私達専門の後処理師がお客様の指定色によって色カードをよくチェックして確認してペンキで塗装している写真です




正しい色を実現するには、忍耐力と細心の注意が必要です。最終的な色がお客様の要求と正確に一致することが不可欠です。




艶出し油で塗装

お客様の後処理要求によって、ヘルメットに相応色のペンキで塗装します。このプロセスは模型の最終的な全体効果を決定するから、後処理の重要な段階です。漆の色の衝突や色のムラを防止するために、私達の塗装担当者は熟練した技術を備えていなければなりません。




艶出しを処理

艶出し油で塗装乾かした後、模型の最適効果を達成するために局部残った微細粒子はやはり最後の研磨処理を行う必要があります

組立




完成品




このプロジェクトは開始から終了まで3日間がかかりました。当社の業界の先頭であるSLA 3 Dプリンター設備と専門のレーザー硬化高速成型技術を使って、私達の熟練した後処理技術チームを配合して、完璧で効率的にこのプロジェクトを完成しました。作る工期でも消耗品の面でも、お客様のコストを大幅に節約しました。そして、プリントした模型は精度も後処理も、できるだけ最適な効果を達成しました。 弊社の3 Dプリンターを利用して各業界に提供した解決策について興味があれば、あるいは本論文で述べた3 Dプリントサービスと似通った項目があれば、いつでもご連絡をお願い致します。